/ 2015年 9月 1日 火 / マッサージ / Off

image1 - コピー

Keiko’s pure magic “瞑想チネイザン”
ーーーー詳細のご案内ーーーー
《施術ルーム》
旧市街のアパートメントの一室といった環境です。
近隣にソンペット市場やカフェなどあり。
お連れさまやお子さまの待ち合いは一階ロビーでも可。駐車場あり。
行き方の詳細はご予約時にご案内いたします。
《施術内容》
胸の下から恥骨の手前まで、腹部全体をオイルをたっぷり使用しオールハンド(素手)で行います。なめらかなストロークと深い圧、揺らしを織り交ぜ、ゆったりとしたペースで進行します。
《セッションの流れ》
お迎え→施術内容の確認/体調の確認/呼吸の練習→お着替え→温ハーブパッド→ゆらし→風門を開ける(お臍まわりのエネルギーライン指圧)→各臓器反射区の施術   腎臓/大腸小腸/心臓/肺/肝臓/胆嚢/脾臓/胃/生殖器/膀胱 →瞑想→お着替え→シェアタイム→お見送り
(ベーシックで行える標準です)
《施術前》
「絶食はなさらずに」約2時間前までにお食事をお済ませください。(思いのほかエネルギーを消耗するため。低血糖や脱水状態ですとめまいやふらつきなどの原因になります)食欲なくとも何かしら口にしておいてくださいませ。
水分補給は直前までどうぞ。
瞑想効果を特に期待する場合は、一般的に勧められる菜食、ストレッチ、禁酒、禁煙、禁欲、カフェイン断ちなど試されてもよいかと思います。
《施術中》
通常のマッサージでは起きない体の感覚や反応が起こることがありますが、一時的なものですのでご心配はいりません。
具体的には顔面や手足のしびれや硬直、泣く、笑う、怒る、発声、発汗、からだの感覚がなくなるなど。
時に感情が放出されコントロールを失うような状況も起こりますが、何が起こっても見守りお世話します、ご安心ください。
喉が乾いた、トイレなど何かあったら我慢せずにすぐにお知らせください。
《施術後》
通常はスッキリして元気が出ますが、強い眠気や空腹感が起こることもあります。
また、一見体調不良のように見える好転反応(脱力感、食欲不振、下痢、腹痛や筋肉痛、発熱、傾眠または覚醒、生理が早く来る、遅れて感情が出るなど)が現れることもあります。いずれも消失しますが、念のためあまり忙しい予定を立てずにからだの求めるままにお過ごしください。
⚫︎数回の仕上げ施術をお勧めします。2回目以降、痛みは減り柔らかさも増していることが多く、より深い施術が可能になります。体験の内容も変化していきます。
好転反応が重くなければ連日の施術も可。
⚫︎気になる感情解放の起こるタイミングはまさに「神のみぞ知る」初回のこともあれば数回目のこともあり。気楽にお受けになるのが吉◎です。
⚫︎オリジナルはしっかりと深く行う施術スタイルです。そのため「軽く顔をしかめるくらい」の痛みを感じますがゆっくりと、注意深く行います。くすぐったがりや痛がり、触られるのが苦手な方でもほとんどの場合大丈夫です。ソフト〜ハード  圧の調節致しますのでご希望をお伝えくださいませ。
禁忌
×下血や炎症
×破裂や悪化の恐れのある腫瘍
×施術者に感染する可能性のある疾患(風邪やインフルエンザ、ウイルス性胃腸炎、皮膚疾患)
×子宮の外側に向けて発達する漿膜下子宮筋腫
×胸腹部大動脈瘤
×脳梗塞、脳出血罹患歴
×重度の高血圧
×重度の糖尿病
×重度の心疾患
×心臓ペースメーカー
×てんかん
×妊娠中
×お臍の炎症
△生理中(あまり重くなければ)
△皮膚疾患(着衣の上から行えることもあります)
△がん罹患歴あり(医師にご相談の上)
△下痢、嘔吐、悪心、頭痛(快癒例あり)
△開腹手術後(術後1年より可)